So-net無料ブログ作成
検索選択

6月の「うたごえひろば」 [日野]

 梅雨の晴れ間は暑いですね。今日は6月の「うたごえひろば」でした
今日も沢山の人が来て呉れて盛況でした。今日苦労した歌はリクエスト
があり取り上げた歌「また君に恋してる」でしたね(^◇^)。
今月の歌「ほたる」は好評の様でした、歌った歌は
夏は来ぬ、あめふり、雨、みかんの花咲く丘、思い出の渚、坊がつる讃歌
バラが咲いた、ブルーライト横浜、いい日旅立ち、今日の日はさようなら
広い河の岸辺、故郷は今も変わらず、また君に恋してる、ほたる、山小屋
の灯、切手の無い贈り物。山のロザリア、船頭小唄、この世の花、港
見上げてごらん夜の星を、雨のブルース涙そうそう、真白き富士の根
故郷、夕焼け小焼けなどでした。次回は7月22日です。
hiroba201706.jpg


歌集の作り方 [日野]

 明日は月一度のうたごえ喫茶「うたごえひろば」の日です。また沢山の
機材類をクルマに積んでのお出かけです。私がうたごえの協力をするように
なったのは趣味のアコーディオンを弾くことにより技術力アップができる
かなと思ったのですが今ではアコーディオンを弾く場面も少なく会場つくり
をやったり必要機材をそろえてもって言ってセットしたり始まれば受付や
案内などのもろもろの裏方業務とやっていて自分は何してるのだろうと思う
こともありますね(^◇^)
そして今の悩み事、それは別冊の歌集を作ることです。使っている歌集の歌
以外に取り上げた歌の歌集が欲しいとの要望がありそれは当然と思うからです
課題は少しづつ追加できること、ファイル出来つことですがどうやって綴じる
かが問題です。ホチキス止めだと追加が難しい、クリアファイルは増ページが
固定となる。あまり暑い冊子は持ち運びが大変と名案が浮かびません。
今悩んでいます。
detukasyuu.jpg

童謡唱歌フェスティバル [日野]

 童謡唱歌フェスティバルの演奏会に行って来ました。市内で童謡唱歌を
歌う会が合同で演奏会を開催するもので今回で12回目になるとのこと。
プログラムでは12の団体が参加していました。狭い我が街にも沢山の会
があるのですね。出演者はおおむね高齢者でやはり女性が圧倒的に多いで
すね。
グループの人数は10人位から多くて30人でした。皆さんきれいな衣装
でした。こう言うところでは正装が暗黙の決まりなのかな、ラフな服装で
自由に歌うのは童謡唱歌には向かないのかな。私にはわかりません(^◇^)
それはともかく、童謡唱歌はいいですね。これからもずっと歌い継がれて
欲しいですね。今の子供は歌っていますか?
douyou.jpg

ほたる [日野]

 東京も梅雨入りしました。でも雨は降りませんね。今日は朝から強い日差し
でした。でも自然は巡ってきますね。梅雨の雨あがりの夜は沢山のほたるが
飛びかっていたのはいつの頃でしょうか。今から50年も前、私が上京してきた
頃は近くの川は汚水の川でした。洗濯洗剤の泡、汚泥ととてもほたるのいる環境
ではなかったですね。それから月日が経ち川もきれいになりました。でもほたる
は帰って来ません。たんぼは住宅地となり川は護岸工事で単なる排水路となり
ふな、めだかなどの魚もいなくなりほたるも住める環境ではないですね。
 こんどの私達の「うたごえひろば」では「ほたる」を歌います。歌のように
この地でもうほたるは見れないのでしょうか

日野市民オーケストラ [日野]

 日野市民オーケストラの演奏会に行って来ました。地元のオーケストラ
ですが聞きに行くのは初めてでした。演奏曲は
ベルリオーズ 序曲「ローマの謝肉祭」
ドビュッシー 小組曲 1小舟にて 2行列 3メニュエット 4バレエ
ブラームス 交響曲第4番 ホ短調作品98

久しぶりのオーケストラ鑑賞でした。前半の小組曲はなじみのない(私は)
曲でした。後半のブラームスの曲はそれぞれ聞きごたえのあるものでした。
当たり前ですがオーケストラはアコーディオンと違っていろんな楽器で数
十人が演奏するので迫力がありますね。半面一つにまとめるのは大変ですね
指揮者は小谷誠一さんでした。日曜の午後を楽しみました(^◇^)
hinooke.png

五月の「うたごえひろば」 [日野]

 五月の「うたごえひろば」です。毎回会場確保で苦労していますが今月から
3か月は希望通り確保できました(^◇^)
すがすがし初夏の陽気のなかいつものように沢山来て呉れました。今月の歌は
「月見草の花」でした。昭和24年発表のこの歌は歌い方に”夢見る心地”と書い
てありました。そんな雰囲気の歌ですね。知っている人が沢山いました。
27曲歌いました。リクエストがだいぶん残りましたね、次回持ち越しです。
hiroba201505.jpg


新撰組祭り [日野]

 我が日野市では5月13日、14日と第20回新撰組祭りが行われます。
新撰組とは何ぞやと思われるかもしれませんね。幕末に京都の治安を守る
べく徳川幕府が誰でも参加自由で募集して作られた組織です。
新撰組には東京多摩地域の人も多く参加して局長の近藤勇もそうですが
副長の土方歳三や井上源三郎らは日野生まれで近藤、土方、沖田、井上らは
日野宿名主の佐藤彦五郎の剣術道場に出入りしていたようです。
1863年から1869年までのわずか7年の歴史ですね。
土方歳三が函館戦争で命を落としたのが5月11日です。その近辺の土日に
日野市では新撰組祭りが行われます。甲州街道を新撰組隊士の衣装を着た
人たちの行進などいろんなイベントがあります。新撰組が歴史上どんな役割
を果たしたかいまいち良く分かりませんが市では一大イベントで盛り上げよう
としているようです。明日は12時頃からパレードです(^◇^)
sinsengumi.jpg
2年前の一コマです
sinsengumi2015-01.jpg

日野市の保養所 [日野]

 日野市の保養所に1泊で行って来ました。
山梨県北杜市、清里高原にあります。八が岳のふもとの広大な林の中に多摩地区の
史や3区の保養所が沢山あります。我が街の保養所の名前は大成荘、学校校舎の移
築の建物から始まったとのことです。
taisei001.jpg
宿泊の部屋は一般と団体と2種類あります。
私達はいつも団体の方に泊まります。布団を自分でやる、テレビが無いですが
部屋が広いのと部屋代が安い利点があります。
テレビはいつも自宅からもっていきます(^◇^)。
 これが夕食です。結構なボリュームで高齢者には十分です。お風呂もまずまずです
今回は1泊2食付きで2人で11000円プラス夕食時のビール代でした。
taisei01.jpg
taisei02.jpg
保養所の隣の林です。前回の宿泊時、野生の鹿に遭遇しました。今回は会えなかった
ですが多いとの施設の方のお話です。
taisei03.jpg


うたごえひろばの会場取り [日野]

 月の一度開催の「うたごえひろば」です。毎回60人前後の方が来て呉れて歌を
楽しんでくれています。「とても楽しかったよ」「また来ます!」「ありがとう」
などの参加者の声を聞くと準備運営の大変さも忘れさせてくれます。
その中で今、一番大変なのは会場の確保です。社会福祉協議会の中央福祉センター
を借りているのですが最近利用希望者が多くなっています。複数団体の申し込みの
時は抽選となります。4月は4団体、5月は2団体そして6月は4団体でした。
抽選時はドキドキします。このくじで外れると「うたごえひろば」は行えない、多く
の人の楽しみに答えられません。プレッシャーを感じますね。幸いくじ運に恵まれて
取れましたがこれから先どうなることやら、何かいい方法無いでしょうか。心臓
悪いです(^◇^)
hiroba2017-04.jpg
前回も沢山来て呉れました。

4月の「うたごえひろば」 [日野]

 今日は春を通り越して初夏の暖かさ、暑さでした。近くの高尾山にハイキング
などお出かけに絶好の天気、「うたごえひろば」には何人の方が来てるかなと
思っていたら60人近くの参加でまた椅子の心配をしました(^◇^)。
今月の歌は私達の市「日野市の歌」でした。知らない方が多かったですね。何か
学校の校歌のような感じですが歌いやすそうにも思えました。市民として時々。
歌ってみるのもいいかなと思いました。
参加者の方からキーが高くて歌えないとの指摘がありました。どうしましょう
 月一度のうたごえですが私にとっては結構負担に感じています。せいぜい病気
再発にならないようにしたいですね(^◇^)。
ただとても楽しみにしている方がたくさんいます。楽しかった、ありがとうなと
声や帰る時の笑顔に会うとやりがいがあるのかなとも思います(^◇^)
hiroba2017-04.jpg