So-net無料ブログ作成

波浮の港 [ボランティア]

先日の歌のボランティアで「波浮の港」を歌って貰いました。
とても情緒のある良い歌ですが音が高くて歌いにくいそうでし
た。
歌手、藤原義江さんが1923年レコード化した随分前ですね
 楽譜はDmで高い音は上のファ(F)でこれは歌えないかな
歌手の方はすごいですね。いくつかの本、ネットで見ても同じ
キーでした。
歌えるようにと1音下げた楽譜を作り弾いて見ました。これの
方が歌いやすくて良いですねCmです。
楽器演奏者はあまり高さは気にしないのですが歌って貰うので
すからこの点にも気配りが必要ですね。


今月末の歌ボランティアでは今まで歌ったことが無いのが沢山
あります。これから練習しないといけません、
そうだ、この時は私のアコーディオンのソロもあります。こちら
も失敗しないようにしなくちゃ。休憩ばかりしておれません。
nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

へこきあねさ

私も7月に「波浮の港」を伴奏曲として弾きます。
Dmですので、ファのところがとても高い。
今までも、高い所は皆さんは、自分の音域で歌うから仕方ないよね、
で、すませてきましたが、歌リードさんたちは音符に忠実
ですので、「歌合わせ」のときにいつも悩んでいます。
Cmにできるのならいいですね。
いつかその楽譜をみせていただけると
幸甚にございます。
by へこきあねさ (2018-06-09 19:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。