So-net無料ブログ作成
検索選択

ほどくぼ小僧(勝五郎) [日々のこと]

高幡不動尊・大日堂の奥に勝五郎の前世・藤蔵の墓があり行って来ました。
今から200年ほど前、江戸時代の後期に地元で起きた出来事です。
こう言うお話(物語)です。
中野村(現八王子市東中野)で生まれた小谷田勝五郎が8歳の時、自分の
前世は程久保村(現日野市程久保)の藤蔵であると両親や兄妹に話しました。
藤蔵は6才の時に疱瘡で亡くなったのですが、まだ行ったことのない藤蔵の
家の様子などを話しました。勝五郎の話を聞いた両親はあまりに途方のない
ことなので放っておいたのですが「程久保村へ連れて行ってくれ」とせがむ
ので祖母が勝五郎を連れていくことになりました。
 程久保村に着き、我先に駆け込んだ家は藤蔵の生家でした。祖母は藤蔵の
両親が語った一部始終を話しました。勝五郎は来たことのないこの家のこと
をよく知っていて「向かいのたばこやのあの木は無かった」など依然と変わった
様子など話、皆を驚かせました。勝五郎が離したことが嘘では無かったとわか
ると祖母と藤蔵の両親はともに驚きと喜びで涙が溢れました。

不思議ですね。両家の家は山を越えた5キロほどの行程ですが8歳の少年が
一人でいけるとは思えない距離です。勝五郎生まれ変わりのお話でした。
ikikaeri-01.jpgikikaeri-02.jpg
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ごんべい

私は昔話が好きで、時々読んでいます。
この種の話も往々に聞いたことがあります。
「世にも不思議な物語」がほんとにあったかどうかは
別として、人間は来し方、行く末、すべて
つながっているのだ、ということを戒めとした
話しなのかもしれませんね。
by ごんべい (2017-06-27 21:02) 

accohino

 不思議な話ですね。ほんとにこんなことがあるのか
子供が嘘を言っているとも思えないしね。
もし生まれ変われるとしたら私はどうでしょう。お金持ち
の家に生まれたいですね(^◇^)
素敵な方と巡り合える人生もいいですね。
by accohino (2017-06-28 06:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0